民法上の結婚

注意!!

夢のない話です。

結婚に対して、夢をお持ちの方は読まないでください。

------------------------------------------------------------

 

先日、仕事先で不倫の話になった。なぜ不倫の話になったのかもわからないが、不倫が現代においてなぜ悪として扱われるのか、補足的に調査を行った。

 

私個人の所感としては、不倫*1も浮気*2もとりわけ悪いことだとも思っていないので、いままで殊更気にするところではなかったのです。一夫多妻、一妻多夫、多夫多妻、こうゆう家族の形があって、また選択できる自由があってよいと思っているが、実際は認められていないことに対しても疑問である。

 

さて、民法上での離婚を提起できる条件はどうなっているのか、がまず問題になる。

 

裁判上の離婚

民法770条

1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
 
2  裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

 

上記のように裁判上での離婚を提起する条件が条文化されている。このなかでも1の一号(配偶者に不貞な行為があったとき)というものが、スキャンダラスに取り上げられる離婚条件の一つであろう。

さて、ここで言う「不貞」とは何か。

不貞とは貞操を守らないことを言い、また貞操とは男女の性的関係の純潔を守ることをいう。つまり、不貞行為とは、配偶者以外と性的行為をすることを不貞行為というのです。

 

ということは、結婚とは契約であるが、それを破棄できる理由として第一に不貞行為の存在有無を条件としていることから、結婚とは任意の長期売春契約である、と考えることが出来る。

そして不倫とは民法違反なんですね。さらに言えば犯罪者なんです。日本では懲役こそつきませんが、他国では懲役がつく国もあるといいます。

 

夢のない話だ。

昨今の音楽、映画、ドラマでは、愛のすばらしさを説いているにも関わらず、結局行き着く先は長期売春契約なのである。

 

ちなみに判例からこの性的行為が何処からがアウトなのかというものも決まっているようだ。

一つにはもちろん肉体的交接であるが、口淫、玩具を使った行為もだめなようだ。

一方で、接触、接吻はセーフだとも言います。

さらには夫が男の人、妻が女の人と性的関係にあることも問題はありません。というのは民法で結婚が男女間に限られているからです。

 

・・・生々しい。

 

現代法では、いわゆる愛という部分は性的行為にそのものの中に含めて考えている。

すべての愛 → すべての性的行為

と、言うことでしょうが、これが論理学的に通用しないことはいうまでもなく。

正しくは

ある愛 → ある性的行為

でしょうね。アセクシャルという性行為を求めない人もいますし、愛なくしても欲望を満たすために行為に及ぶ人もいます。また、一人を愛するだけでなく、4人、5人と同時に愛することが出来る人もいますし、誰も愛することができないという人もいるのです。

 

現代法はごく一部の人のための法でしかないのです。

この結婚という点で言えば、一人だけを愛することができ、結婚後は一生その人としか性的行為をしない、という人達のための法なのです。

 

といってもこの民法、もちろん改正はされているが、発行は明治です。

伝統的です。

*1:不倫:男女の双方が既婚

*2:浮気:男女のどちらかが既婚または、どちらも未婚