蜜の味は甘いのか?

東濃に来てからコメダに行くことが多くなった。スタバよりコメダのほうが多く、居心地の良さも相まって長居してしまうこともしばしばである。他人の話が自然と耳に入ってきて、都合の悪いこともあれば、大変興味をそそる内容であることも多い。

 

そんな折、コメダに入ると後ろの席に陣取って何やら熱心に話しこんでいる四人組みがいた。

 


「俺は月150万稼いだこともある」
「これからの新しいビジネスだ」
「俺の師匠は会社を14個経営しながらこのビジネスをやっている」

 

 

え?!、と思って聞いていれば、どうもこの新しいビジネスというのはネットワークビジネスなるもので、店舗を持たず、個人が問屋として機能するビジネスだという。つまりはインターネットで物を売るということらしい。そしてまた、誰かを紹介し問屋として契約すれば、そこに紹介料というお金がもらえるとのこと。

 

 

おいおい、これはネズミ講じゃないですか。
時代と共に名前を変えて存在し続けるネズミ講マルチ商法とも言います。つぎはネットワークビジネスと名前を変えて存在しているようだ。
このコメダで行われていた熱演は親が子を勧誘する場と成り代わっていたのです。熱心に聴いていた若者はまだ大学生だろうか。学校でも家庭でも、こうゆうマルチのことは教えてくれないので知らずうちにつかまってしまうこともあるのだろう。
マルチの怖さは人間関係を食い物にするところである。家族、友人と手当たり次第に、無自覚に勧誘し孤独になっていく。ネットワークビジネスといえども、やはりそれはネズミ講からずっと続く共通点であり、怖いところである。

 

 

「マルチとかじゃないよ。マルチっていうのは悪い商品をうりつけるけど、ここの商品は健康食品でもすごくいいものを扱ってるから」

 

 

と、熱弁を奮っているのだが、これこそ「マルチ」なのである。
マルチが扱う商品はいつの時代もB級品であり、良くも悪くもない商品である。

 

 

あまりある誇大演説とそれに猛烈な関心を示す若者に、心配を通り越して笑うしかなく、咳き込んだフリをして誤魔化し、注文したコーヒーはただひたすらに冷めていくのであった…。