読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿鳴

虚状は燦々たる原風景に煌めき、その独白的な紙面を賑わしていた。
 
あるとき、男は蓮華のボタンを身に纏い、歩幅を揃えて歩き始めた。
 
聴診器を当てられ、迫真の演技でもなく、獨逸人は懇々と蟄居し始めている。
駱駝の言葉でも、鸚鵡の言葉でもなく、
ある均一な空間からその音は鳴っていた。